床材の内観デザインのこと

床材の内観デザイン

トップ / 床材の内観デザインのこと

内観デザインの情報

工務店で家を建てたい。 

家を建てるときたいていはハウスメーカーで建てるか工務店で建てるかで悩んでしまいますね。ハウスメーカーは少し割高なイメージがあるけど、なんとなく大きな会社なので安心感があります。しかしハウスメーカーに話を聞きに行くとなかなか思い描いていたような内観デザインが作れなかったりします。それはハウスメーカーは決まった枠の中で家を建てようとするからです。あまり自由が利かないのですね。工務店だと雑誌で見ていて憧れていたような内観デザインが可能なことが分かります。こうでなければという枠がないので結構自由に自分好みの家が建てられます。

床材の内観デザインについて 

工務店では地域に密着しているのでサービスだけでなく、アフターフォローが優れています。計画や契約もじっくりと相談に乗ってくれるという特徴があります。リフォームをするときでも建築費に関係ない人件費などがかからないので安く済ませることができます。工務店で依頼する一つとして土間のデザインがあります。土間は床材を敷かずに地面の土が露出したままのものや、叩き土で仕上げたものがあり、洗い出し土間、叩き土間、人研ぎ土間などの種類があります。土間は作業場や自転車置き場、趣味の空間として屋内でありながら、土足の空間なので便利な場所として活用できます。内観デザインとのマッチングを考慮しながら、どのような仕様にするかをスタッフの方と相談することができます。

工務店,床材