内観デザインと床材のこと

内観デザインと床材

トップ / 内観デザインと床材のこと

内観デザインの情報

こだわり内観デザインは工務店へ 

一戸建てに住んでみたいと思う方も多いですが、その中でも注文住宅は憧れではないでしょうか?自分の希望の家が作りたい。工務店ならその希望が叶います。注文建築なら白を基調としたスタイリッシュなお部屋、和なお部屋、木のぬくもりを感じるナチュラルテイストなリビングやモダンテイストや北欧風な空間など、内観デザインに自分のこだわりをつめこむことができます。設計士との打ち合わせをしていく中で、希望が実現していくのは感慨深いものがあります。デザイン集や、展示場が開設されているところもありますので、工務店をいくつか比較・検討してみて下さい。

床材や内観デザインは工務店です 

家を建てる際、床材などの内観デザインはイメージはあっても伝えることは難しいところです。工務店での床材はいくつか選択ができますが、選択のひとつに洗い出しという方法があります。洗い出しとは、伝統的な左官技術で、種石を混ぜたモルタルを敷いて、硬化する前に表面のモルタルを洗い流し、砂利を表面に浮き出させる仕上がりです。伝統的な技法のため日本庭園などに多く使われているため和風のイメージですが、洋風な内観デザインとしても人気があります。天然石を使用し落ち着いた印象ですが、水に濡れると大変綺麗にみえて滑りにくく、洗い出し土間などに適しています。洗い出しを行なっている工務店を探して、日本の左官技術を家の中で堪能するのも良い家を建てる選択肢と言えます。

工務店,床材